日本ならではのヘルシー食材「豆乳」を使った「豆乳プリン」のレシピ!

「プリン気分」

豆乳プリン

プリンというデザートが、日本のデザートとして独立し始めている、というのは豆乳プリンが良い例です。
牛乳が苦手な人でも食べることができますし、洋風にも和風にも近づけることができます。
また、豆乳が苦手という人でも食べることができるのではないでしょうか。
いろんな顔を持つ「豆乳プリン」の魅力を紹介します!

豆乳プリンってどんなプリン?

豆乳の味って苦手な人がいると思います。私は豆乳が好きですが、甘味をつけていない濃い豆乳が飲めないときもありました。それだけ良い豆乳は豆の味がします。
豆乳プリンを作るときは黒砂糖や三温糖、はちみつといった優しい甘味をつけます。
するとくどさや甘さだけが一人歩きせずにまろやかな味に仕上げてくれます。
きっと豆乳プリンなら豆乳初心者さんにも豆乳の良さを実感できると思います。

豆乳の栄養は?

豆乳プリン大豆製品にはたんぱく質・ビタミンB群・ビタミンE・食物繊維・レシチン・リノール酸などが含まれています。 血圧を下げたりコレステロールを抑制する働きがあり、ガンや動脈硬化など生活習慣病の予防に効果があります。
また、最近注目されている栄養素には、大豆イソフラボンがあります。
大豆イソフラボンには女性ホルモンと似た働きがあるといい、更年期障害だけでなく老化防止、生活習慣病の予防など男性にも女性にも必要な栄養素です。
味噌汁や納豆、油揚げといった大豆製品を摂る機会が少ない人は、是非豆乳プリンを食べてください!

基本の豆乳プリンのレシピ

材料

【プリン液】卵1個、豆乳100cc、はちみつ小匙1、バニラエッセンス少し

【黒蜜】黒砂糖50g、水大匙1

作り方

  1. 【黒蜜】を作ります。鍋に黒砂糖と水を加え、沸騰させます。
  2. とろみがつくまで弱火にし、容器に流すか食べる直前にかけます。
    電子レンジにかけて様子をみながら混ぜて作ることもできます。
  3. 【プリン液】を作ります。ボウルに卵を割り入れ、はちみつと豆乳を加えてよく混ぜます。
  4. こし器でこして容器に流します。
  5. フライパンや鍋に容器をセットし、水を入れて火にかけます。
  6. 沸騰したら蓋をして弱火で7〜10分蒸します。
    電子レンジも7〜10分、オーブンなら天板に水を張って160℃で25分〜30分加熱します。
    蒸し器なら強火で沸騰後、中火で7分蒸します。
  7. 程よい硬さになったら粗熱を取って冷蔵庫で冷やしてできあがりです。

ゼラチンを使った豆乳プリン

ゼラチンで固めるので卵を使わない豆乳プリンです。卵アレルギーの人も安心して食べてください。

材料

【プリン液】豆乳300cc、はちみつ大匙2、粉ゼラチン大匙1、水大匙3、バニラエッセンス少し

【黒蜜】黒砂糖150g、水大匙3

作り方

  1. 【黒蜜】は基本の豆乳プリン同様に作ります。
  2. まず、【プリン液】を作ります。粉ゼラチンは水でふやかしておきます。
  3. 鍋に豆乳とはちみつを入れて加熱します。はちみつを溶かして沸騰する前に火を止めます。
  4. ゼラチンを加えて溶かします。5.容器に流して冷蔵庫で冷やし固めてできあがりです。

豆乳プリンにひと工夫

洋風にしたい場合豆乳プリンの作り方

  • 豆乳に牛乳を足すと大豆の味がやわらぎます。
  • プリン液に何か加えるなら紅茶やバナナがおすすめです。
  • ソースはジャムやメープルシロップとの相性が良いです。

和風にしたい場合

ダイエットしたい場合

  • 豆乳プリンはビタミンや食物繊維が豊富なので、ダイエット中のおやつにもおすすめです。
    ゼラチンの代わりに寒天を使うと食物繊維の摂れる量も増え、満腹感に満たされます♪

豆乳初心者さんに

  • 生クリームを加えると濃くなめらかになります。
    豆乳と生クリームの割合は3:2や2:1などお好みで。
  • 一番濃い豆乳は「豆乳」(無調整豆乳)です。
    「調整豆乳」「豆乳飲料」を使うと大豆の味が弱まります。
お問い合わせ

copyright(C)2007 プリン気分 all riqhts reserved.