いちごの甘酸っぱさとプリンの甘みのハーモニー!「いちごプリン」

「プリン気分」

いちごプリン

「いちご」は果物の中でも食べやすく、調理しやすい果物です。
甘酸っぱさがプリンとよく合います。ただ甘いだけのプリンは苦手でもフルーツを使ったプリンなら大丈夫、という人もいるかもしれませんね。「いちご」の量や果肉の食感でお好みの「いちごプリン」を作ってみましょう♪

「いちごプリン」ってどんなプリン?

「いちごプリン」は、簡単にいうと「いちご」を使ったプリンです。
しかし一口に「いちごプリン」といっても、「いちご」をプリン液に混ぜたタイプのプリンと、カスタードのプリン液をベースに、「いちご」をのせてケーキやフルーツグラタンのように飾ったプリンに分けることができます。
「いちご」をふんだんに使った「いちごプリン」は、「いちご」の甘酸っぱさがプリンの甘味と丁度良いハーモニーでさわやかなプリンができあがります。

「いちごプリン」のいろいろ

いちごプリンいちごプリンをもう少し詳しくみてみましょう。
「いちご」をプリン液に加える「いちごプリン」の種類は、基本は牛乳を使って「いちごミルクプリン」に、ヨーグルトを加えて「いちごヨーグルトプリン」に、豆腐や豆乳で「いちご豆腐プリン」や「いちご豆乳プリン」になります。
「いちご」を飾るプリンなら、チョコレートやココアとの相性も良く、飾りの「いちご」がメインになっていることもあります。ちょっとしたケーキみたいですね。
生クリームを加えるとパンナコッタやババロアみたいなプリンになります。
ミルクプリンに「いちご」をのせて杏仁豆腐みたいにしてもおいしいですよ♪

「いちごミルクプリン」のレシピ

「いちご」をフォークでつぶし、お好みで果肉の大きさを調節することができます。

材料

【プリン液】「いちご」150g、牛乳300cc、コンデンスミルク30g、砂糖15g、粉ゼラチン5g、水大匙3

【いちごソース】「いちご」6粒、砂糖大匙1と2分の1

作り方

  1. 【プリン液】を作ります。ゼラチンを水でふやかしておきます。
    レンジに20秒ほどかけて溶かします。
  2. 「いちご」はフォークの背でつぶしておきます。
  3. 鍋に牛乳・砂糖・コンデンスミルクを入れ、沸騰する直前まで温めて火を止め、ゼラチンを加えます。
  4. ゼラチンが溶けたら、ボウルに移して氷水にあてながらゴムベラで混ぜ、粗熱をとって「いちご」を加えます。
  5. とろみがついたら容器に流して冷蔵庫で冷やし固めます。
  6. 次に【いちごソース】を作ります。「いちご」を5mm幅くらいにスライスし、小鍋に「いちご」と砂糖を入れて弱火にかけます。
  7. つぶしながらとろみがつくまで煮詰めます。
    食べる直前に「いちごソース」をかけてできあがりです。

簡単「いちごヨーグルトプリン」のレシピ

こちらはミキサーを使った簡単な作り方です。

材料

「いちご」150g、プレーンヨーグルト250g、砂糖50〜60g、粉ゼラチン5g、水大匙3

作り方

  1. 粉ゼラチンを水でふやかしておきます。
  2. そのほかの材料をミキサーにかけます。
    ゼラチンをレンジに20秒ほどかけて溶かし、ミキサーの中に加えてよく混ぜ合わせます。
  3. 容器に注いで冷蔵庫で冷やし固めてできあがりです。

バレリア風「いちごプリン」のレシピ

カスタードプリンにフルーツをのせ、シロップをかけたものをバレリアといいます。

材料

【プリン液】卵3個、牛乳500cc、砂糖50g

【シロップ】「いちご」200g、グラニュー糖100g、水200cc

【飾り】「いちご」18粒

作り方

  1. 【シロップ】を作ります。鍋にグラニュー糖と水を入れて沸騰させ、「いちご」を入れて蓋をし、弱火でひと煮立ちさせます。
  2. 火を止めて冷まし、ひと晩寝かせておきます。
    翌日、ガーゼなどでこして、冷蔵庫で冷やします。
  3. 【プリン液】を作ります。卵をボウルに割り入れて、泡だて器で溶いたあと、砂糖を加えてよく混ぜます。
  4. 鍋に牛乳を入れて人肌くらいまで温めて、ボウルの中に少しずつ加えます。
  5. 混ざったらこし器でこします。オーブンを150〜160℃に温めます。
  6. 容器にプリン液を流し、細かい泡はつぶしておきます。
  7. 天板に湯を注ぎ、40〜50分蒸し焼きにします。
  8. 粗熱をとって冷蔵庫で冷まします。
  9. 「いちご」を縦半分に切り、仕上げに「いちご」をのせます。
  10. 冷やしておいたシロップをかけてできあがりです。
お問い合わせ

copyright(C)2007 プリン気分 all riqhts reserved.