日本人には一番なじみが深いスタンダードプリン!カスタードプリンを作ろう♪

「プリン気分」

カスタードプリン

最もスタンダードなプリンは、卵と牛乳を使ったプリンでしょう。
シンプルな材料なのに、作り方を変えるだけで随分と風味が異なります。
昔ながらのプリンも、こだわりのプリンも、まずはこちらのレシピで試してみてください♪

カスタードプリンってどんなプリン?

カスタードプリンカスタードプリンとは、牛乳や卵で作られたカスタードを焼いたり蒸したりして作られるお菓子です。
上にはカラメルソースがかかっていて、ほろ苦さが楽しめます。
カスタードプリンは、卵や牛乳といったシンプルな材料で作られる分、その調理方法によって仕上がりが異なります。最近ではとろけるような柔らかなカスタードプリンに人気があり、コンビニでも本格的なカスタードプリンを見かけるようになりました。

カスタードプリンのレシピいろいろ

スタンダードなカスタードプリンのレシピ

材料(6個分)

【プリン液】卵3個、牛乳500cc、砂糖25g、バニラエッセンス少し

【カラメルソース】砂糖大匙4、水大匙1、お湯大匙2

作り方

  1. まず、【カラメルソース】を作ります。耐熱容器に砂糖と水を入れてレンジにかけます。
    色がかわってきたら取り出します。カラメルは焦げやすいので、すばやくお湯を加えます。
  2. 【プリン液】を作ります。ボウルに卵を割り入れます。
    牛乳をレンジで人肌くらいに温め、砂糖を加え、卵とあわせます。
    さらにバニラエッセンスを加え、ザルやこし器でこします。プリンの容器に注ぎます。
  3. 蒸し器のセットをします。蒸し器にプリンをセットし、湯気があがっている状態で弱火で15〜20分蒸します。竹串を刺して何もついてこなければ火を止めます。
    冷蔵庫で冷やしてできあがりです。

炊飯器で作るカスタードプリンのレシピ

作り方

  1. 上のスタンダードなカスタードプリン同様にカラメルソース、プリン液を作り、容器に注ぎます。
  2. 炊飯器に容器をセットし、お湯が容器の半分まで浸かるように入れます。
  3. 炊飯器の保温スイッチを入れ、あとは炊飯器におまかせします。
    時々、カラメルソースが焦げないか様子を見て、蓋をしたまま蒸らします。
  4. 程よい弾力になったら冷蔵庫で冷やしてできあがりです。
    炊飯釜に豪快に作ってもおいしくできますよ♪

電子レンジで作るカスタードプリンのレシピ

作り方

  1. 上のスタンダードなカスタードプリン同様に、カラメルソース、プリン液を作り、容器に注ぎます。
  2. 電子レンジで2分半〜3分加熱しながら様子を見ます。
  3. その後10〜15秒ずつ加熱し、「す」ができないように作ります。
  4. 若干とろみがある程度で加熱を止め、粗熱をとって冷蔵庫で冷やしてできあがりです。

フライパンで作るカスタードプリンのレシピ

作り方

  1. 上のスタンダードなカスタードプリン同様に、カラメルソース、プリン液を作り、容器に注ぎます。
  2. アルミホイルで蓋をし、フライパンに容器を並べます。
  3. お湯が容器の3分の2まで浸かるくらいに注ぎます。
  4. フライパンに蓋をして弱火で10分加熱します。その後火を止めてそのまま蒸らします。
    粗熱を取って冷蔵庫で冷やしてできあがりです。

なめらかカスタードプリンのレシピ

材料(6個分)

【プリン液】卵黄4個、牛乳・生クリーム各250cc、グラニュー糖60g、バニラエッセンス少し

【カラメルソース】グラニュー糖120g、水40cc

作り方

  1. 【カラメルソース】を作ります。グラニュー糖を火にかけ、色がかわってきたらゆっくりと混ぜます。お湯を少しずつ加えてのばし、容器に注ぎます。
  2. 【プリン液】を作ります。ボウルに卵黄とグラニュー糖を入れ、泡だて器で白っぽくなるまで混ぜます。
  3. 鍋に牛乳と生クリームを入れて中火にかけ、50℃くらいまで温めたらボウルに加え、バニラエッセンスを垂らします。鍋は保温効果の高い土鍋がおすすめです。
  4. 容器に流し、アルミホイルで蓋をします。
    鍋にセットして器の半分までお湯が浸るくらいに入れます。
  5. 鍋に蓋をして弱火で15分加熱します。
    火を止めてそのまま粗熱が取れるまで待ち、冷蔵庫で冷やしてできあがりです。

カスタードプリンを作るコツカスタードプリンの作り方

  • カラメルソースは焦げやすいので手早く。
  • 程よい硬さは、しっかり固まるよりふるふる感がある。
  • 急に加熱せず、ゆっくり弱火で。
お問い合わせ

copyright(C)2007 プリン気分 all riqhts reserved.