とろ〜り、おいしいプリンの作り方(レシピ)サイト!

「プリン気分」

プリン

プリンを表現すると、とろとろ、なめらか、まろやか、ぷるぷる。見た目も可愛くておいしそう!
喉ごしが良いので食欲がないときにもおすすめです。材料や作り方でたくさんの種類のプリンがあります。
大人も子供も大好きなプリンをお家でも作ってみませんか?

プリンってどんなお菓子?

プリンは焼いたり蒸したりするイギリスの料理をいいます。
イギリスのプリンはプディングといって夕食にも並び、しょっぱいプディングもあるので日本人にはなじみがないかもしれません。
プリン 日本ではプリンというと、デザートのプリンをいいます。
日本の茶碗蒸しにも似ていますよね。
プリンはケーキ屋さんやスーパー、コンビニで見かけますが、本格的なプリンから量を重視したプリン、プリンを使ったプリンパンやプリンシェイクという食べ物もあるほど人気です。
それぞれに、かため・やわらかめ・甘さ控えめなど好みのプリンがあるはずです。このサイトでは、いろんな材料を使ってプリンを作ります。
上手に作れたら、お好みの味にアレンジしてみてくださいね。

プリンの歴史

イギリスのプリンの歴史

プリンはイギリスで生まれた料理です。蒸し料理の総称なので、小麦粉やパンを使うこともあります。
イギリスの「捨てるのはもったいない」という考えは、プリン液に浸けて焼くパンプディングに見られます。
保存食としての役割があったそうです。
5世紀頃には、パン・卵・ドライフルーツなどを混ぜて蒸したものが存在しました。
12世紀頃になるとオーブンで焼くようになりました。
カスタードクリームに近いものは16世紀に入って「ヘイスティ・プディング」という料理が登場しました。
これらイギリスの家庭料理は、フランスで独自の菓子に姿を変えて広まりました。カスタードプリンもフランスで生まれたんですね。カスタードを使った料理はヨーロッパ・アメリカ・アジアにも根付いています。

日本のプリンの歴史

日本にプリンが伝わったのは明治時代のことです。「プデン」「ポッディング」という呼び方が変化して今のプリンという呼び方になりました。昭和の時代にはコーンスターチと牛乳を固めて作っていました。
日本では数年ごとにフランスブームというのが起きていますが、フランス人形やフランスパンだけでなく、プリンも影響を受けたのではないでしょうか。
豆乳プリン抹茶プリン、ご当地プリンなど、既に日本のお菓子としても歩み続けています。

プリンの仲間たち

  • カスタードプディング・・・日本で最もなじみのある、カスタードプリンのことをいいます。
    焼いたり蒸したりして調理していますが、洋生菓子に分類されます。
  • ヨークシャー・プディング・・・卵や牛乳を使ったイギリスの焼き菓子です。
    ジャムやはちみつをつけて食べることもありますが、ビーフシチューが入ったり、ローストビーフの付け合せで出てきたりします。
  • クリスマスプディング・・・どちらかと蒸したケーキのようなお菓子です。
    イギリスでは香辛料やドライフルーツを使って、クリスマスのために長い時間をかけて熟成されます。
  • クーゲル・・・フランスの焼き菓子です。クグロフともいいます。
    牛乳や卵を使っていて、プディングと訳されることもあります。
  • ミルヒライス・・・お米と牛乳で作るドイツのライスプディングです。
    ジャムをのせたりシナモンの香りをつけて食べます。
  • プーティン・・・じゃがいもや小麦粉を使ったカナダの簡単な料理で、おかずにもデザートにもなります。プティーヌ・オ・パンはパンプディングのことをいいます。

プリンの栄養

プリンは主に卵と牛乳で作られます。
卵にはたんぱく質・カルシウム・ビタミンA・ビタミンB1など栄養が豊富に含まれています。
牛乳もたんぱく質やカルシウムがいっぱいです。これらの割合によって栄養が変わってきます。

プリンのカロリープリンと卵

洋菓子のカロリーは和菓子に比べると高いといわれています。
しかし、プリンは水分が多くて比較的カロリーが控えめです。
よく、ダイエットをしている人の場合、おやつは200kcal以内というのをきいたことがありませんか?カスタードプリンは100gあたり100kcal前後になっています。
砂糖を控えめにしたり、果物を使うなどで、カロリーが低くなったり、栄養バランスが良くなるんですよ。

プリンの卵と牛乳プリンと牛乳

プリンには卵、牛乳が含まれています。たんぱく質やカルシウムを摂ることができます。
卵や牛乳にアレルギーがある人のためのプリンの材料やレシピもあります。
固めるために寒天やゼラチンを使ったり、牛乳の代わりに豆乳を使って作ることができます。

Next >> プリンの作り方

離乳食のプリンのレシピ

材料(2人分)

粉ミルク120cc、卵1個、三温糖大匙1弱

作り方

  1. 材料を合わせ、容器に注ぎます。
    鍋に容器をセットし、容器の半分くらいまでお湯を張ります。
  2. とろみがつくまで加熱してできあがりです。
    電子レンジの場合は天板に湯を張り、2分ほど加熱してできあがりです。
プライバシーポリシー函館 WEBデザイン

copyright(C)2007 プリン気分 all riqhts reserved.